blog_header

ずいぶん暖かくなりましたね。
もうすぐゴールデンウィーク。レジャーで外にいる時間が多くなる人も多いかと思います。
今更ですが、ゴルデンウィークのお肌対策は、日焼けに注意が必要です。

普段仕事で日中に外に出る機会がすくない人は特に注意
お肌が紫外線に慣れていない為、紫外線を浴びた分だけ、ダメージを受けてしまいます。
そこで、日頃の日焼け対策を紹介します。

日焼け対策3つのポイント

1、日焼け止めクリームはしっかりと。
最近の日焼け止めクリームはSPF値が表示されていますよね。
SPS値とは、Sun Protection Factorの意味。
このSPS値が高い程、B紫外線(UV-B)を防ぐ効果が高いという事です。
最も高いもので数値は50+となっています。
以前の数値が高い商品は、肌への伸びや付きが悪かったりと、使用感がイマイチでしたが、このところの日焼け止めは使用感もとてもいいものが出ています。
いろいろなタイプが出ていますのでお肌にあったタイプを使ってしっかり予防をしましょう。

クリームタイプ~乾燥肌や敏感肌向け。化粧下地にも使えるものもあります。

乳液タイプ~さらっとした使用感なので敏感肌、混合肌の方に向いています。伸びがよいので、体への使用にも適しています。

ローションタイプ~オールタイプのお肌
向け。ローションタイプは基礎化粧品として使えるので普段使いに向いています。

ジェルタイプ~乾燥肌、脂性肌向け。水ベースで軽い使用感が特徴です。敏感肌の方には、刺激の多い成分を含んでいるので、不向きです。

スプレータイプ~化粧の仕上げや日中の塗り直しに便利です。スポーツやレジャーでの使用にもさっと使えて適しています。

2、何度も塗り直す事で効果を維持する。

朝、しっかりクリームタイプの日焼け止めをしても、やっぱり汗や油脂で日焼け止めの効果は落ちてしまいます。まめなケアが紫外線対策の鉄則です。

3、日焼け対策にもやっぱり保湿
日焼けした肌はやけどの状態と同じです。そこで肌のダメージを回復させるにも保湿は重要です。お肌に水分をしっかり与えて、日焼け止め対策を行います。
もちろん、日焼けをしたお肌にも、保湿でお肌の回復機能を高めてくださいね。